欲しいよ病

周期的に来る…と言うか
慢性的なのでしょうかね。

欲しいよ病。

スタッフまで巻き込んで
欲しいよぉう、欲しいよぉう…と騒ぐ。

小さい物ですと炭酸水メーカー、
無水鍋、ルンバ等。

結局、スタッフに諭されているうちに
自分自身で飽きちゃうわけですね。

仕事の設備投資は
独断でパッと決めたら
誰にも相談せずに
すぐに行動を起こしちゃうのですが

これ、プライベートな事となると
どこか心の片隅で

「この買い物は不要だな…。」と
わかっているのでしょうな。

スタッフに諭して欲しいのです。
甘えたいのです。

厄介な経営者でございますね。

過去に一番騒いだのは
「古民家騒動」というのがございまして

古民家を買って
そこに住んで
野菜作りをしながら
仕事に通う!という

無茶な計画でございますね。

高速で1時間圏内で
数件の物件を探しまして
実際に不動産屋さんとやり取りをしたり

それと並行して
野菜作りを調べてみたり

「そうか、そうか。
雑草対策にヤギがいいのか。」と

ヤギの購入計画を立て
買ってもいないのに

「ユキ」という名前に決めて

「口笛はなぜ〜♪
遠くまで聞こえるの♪
あの雲はなぜ〜♪
わた〜〜しを待ってるの〜っ♪」

仕事中も鼻歌交じりの
アルプスの少女ハイジ気分で

「おし〜えて平井〜〜さん♪
おし〜えて吉田〜〜さん♪」と

ノリノリで
スタッフにまとわりついておりました。

おまけに
当時健在だった古民家好きの父も
盛り上がってしまい
「そうか。囲炉裏があるのか。」と
父娘で図面を見て
キャッキャっと騒いでおり

彼はかなり乗り気で
「場合によっては俺が買おうかな。
お前が住んでもいいけどさ。
将来的には
たけひろ(私の弟)に残してやれるだろ。」と
本格的な計画になった事がございました。

結果的に
母に「2人ともいい加減にしなさいっ!」と、叱られ
撃沈した父娘でございました。

今思えば
本当に買わなくて良かったと
胸を撫で下ろしております。

さて…そんな過去があるにもかかわらず
また性懲りもなく
暇さえあると眺めている
欲しいよ病物件がこれ↓

2017-09-24 6.22.04

マスタング。
ブルーがいいですねぇ…。

欲しいよぉう。

奥ゆかしい

スペイン語のプライベートレッスンを
始めた旨は書き込みさせていただきました。

ラテン系の先生と聞いて
ワクワクしていたわけですが

お会いして
まぁ…ね…正直なトコロ
私のイメージする
ラテン系のカッコイイ殿方では
なかったわけですな。

一瞬、向学意欲がダウンしたんですがね。

しかしこの先生、
読書が好きで
性格もとても真面目ですし
向上心があり
とても紳士な方なので
楽しくレッスンをしております。

ただ彼は
日本の事はあまりご存じないようで
その説明をするために
レッスンが途中で頓挫する場面も多い。

前回、お月謝を渡す時に
お札を揃えて封筒に入れて渡したら

「日本では皆、お金を封筒に入れますね。
何でですか?」

すごく不思議な習慣だと思ったらしい。

だってお札だけポイと渡すのは失礼だから…と、伝えても
「失礼かなぁ…。」と、根本的にわからないようですね。

要するに日本人は奥ゆかしいんじゃいっ!
礼節を重んじるんじゃいっ!

奥ゆかしい…奥ゆかしくない私が言うのもナンですが、
非常にいい言葉ですね。

modestとか
reserved(ちょっと違うか)って事なんでしょうか。

そんな説明をしていると
80分なんてすぐに経ってしまう。

日本に来て間もない先生は
色々と日本の文化を
勘違いして認識していたり
間違って認識していたりする事も多く

他愛もない会話でも
日本のことになると
「え?!!!それ、違いますよっ!」という事は

大きなお世話的”にわか日本大使”の私としては
きちんと正しておかないと!と、思うわけです。

なので
80分のレッスンですが
肝心のスペイン語が一向に進まず

前々回のレッスンでも先生は
ゲイシャ=芸者=a prostitute =売春婦という
失礼極まりない
イメージを持っていた節があり
ちょっとちょっと〜!全然違いますっ!と
スペイン語のテキストを放り投げ

いいですかぁ!
耳をかっぽじって
よ〜〜〜く聞いてくださいよっ!

芸者、芸妓、舞妓等の細かい説明をし
念のために同時進行でググってみたりして、
彼は彼でメモったりして
「なるほどぉ…。」と。

日本人より日本をよくご存知の
ロバート・キャンベル氏の
外国人向け著書ってあるのかなぁ。

2017-09-28 11.06.12

「調べてあげるから
彼の本を読んだ方がいいですよ。」と、アドバイス。

どっちがレッスンしているのか…と苦笑した次第です。

余談ですが
ご祝儀袋、香典袋、お年玉袋をはじめとして
お金を渡す時に何かに入れて渡すというのは
日本独特の習慣なのでしょうか。

結婚式に限って言えば
アメリカでは封筒に入れて渡すシーンは
ちょこちょこと映画に出ますね。

例えば
マーティン・スコセッシ監督の名作
「グッドフェローズ」でのワンシーンでは
封筒に入れたご祝儀を
結婚した当事者に参列者が直接渡すという
シーンがありましたね。

気になるなぁ…。

寝られないなぁ…。

ちょっと調べてみます。

画期的な…

衛生士として
とにかくまぁよく勉強するなぁ…と
講習会に通いまくり
資格を取りまくっているみっちゃんに

「チコちゃん、びっくりするわよ」と
一押しされた歯ブラシが
ライオンのシステマのgenki(ゲンキ)という歯ブラシ。

3種類ありまして
genki
genki f
genki j

要するにヘッドの大きさが



と、わかれています。

この一番大きいgenkiに夢中でございます。

2017-09-27 9.30.12

歯ブラシの選び方というのは
その方のお口の状況によって
異なるわけですけれども

このgenkiは成人の方で
今までの
「ヘッドが小さくてコンパクトな…」とか
「あまり力を入れずに小刻みに…」という
一般的なブラッシングの概念を
覆しちゃった画期的な歯ブラシだと思います。

とにかくヘッドが大きいので
歯と歯茎への接着面積が広いから
効率的に磨けるのと

毛先が柔らかいから
力任せにゴシゴシ磨いちゃっていいし

歯ブラシが苦手、面倒な方には
うってつけな
画期的な歯ブラシで感動しております。

歯ブラシが上手な方も
時間の短縮になるかと思います。

いくらなんでも
この大きさではちょっと…という方は
1サイズ小さいgenki f でも
いいかもしれません…けど
私は一番大きいサイズがお勧めです。

うちでご購入頂いてもいいんですけれど
ネットで買った方が
安い場合がございますから
ご興味のある方は是非ググって下さい。

とにかく
ゴシゴシ磨いても
歯茎が痛くないんです。

歯周病が進んでいる方は
出血するかもしれませんが
それ、悪い血液ですから
どんどん出血させちゃって下さい。

だんだん出血しなくなりますし
歯茎が引き締まってきます。