暗室

アントン・コービンと言えば
ロックの写真を撮らせたらすごい人ってのと
映画監督としてももっすごい才能があるな…という認識。

イアン・カーティスの半生を描いた作品
「コントロール」(2007年)
ジョージ・クルーニー主演の
「ラスト・ターゲット」(2010年)
フィリップ・シーモア・ホフマン主演の
「誰よりも狙われた男」(2014年)
ジェームス・ディーンの伝記映画
「ディーン、君がいた瞬間」(2015年)

特にディーン以外のそれは
月に一度は見返したくなる映画です。

大好き。

写真も独特です。コービン節。

2017-08-30 6.32.00
イアン・カーティス

2017-08-30 6.49.56
マイルス・デイビス

2017-08-30 6.35.07
U2

2017-08-30 6.36.13
アル・パチーノ

2017-08-30 6.36.51
クイントイーストウッド

2017-08-30 6.37.58
ジョニー・ディップ

素敵でしょう♩

このアントン・コービン自身のドキュメンタリー映画
「アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影」(2012年)
というのがございます
2017-08-30 6.49.32

彼のお父様をはじめ殆どの親戚は牧師をやっていたそうで、
どこか彼自身も聖職者を彷彿させる
温厚な優しさと深みが滲み出る雰囲気をお持ちの人。

彼のドキュメンタリー映画で
こんな台詞があった。

「僕はデジタルカメラは苦手なんだ。
思う様な写真が撮れないからね。」

カッコイイ!私も言ってみたい!

そっかぁ〜。

やっぱりフィルムですかぁ〜。

で!

早速ライカ M6をググって
買うかな…と思案している昨今でございます。
(↑色々な意味で相変わらずバカ)
2017-08-30 7.14.20

「ま、そ〜ゆ〜わけで
フィルムカメラをやりますんでよろしく!」と
スタッフに伝えるも

「……(苦笑)。」

「ま、そ〜ゆ〜わけで
暗室も作りますから
物置を片付けてほしいわけでよろしく!」と
スタッフに伝えると

「…ど〜せ、一回で飽きちゃうんじゃないですか?
ダメですよ。物置にも色々と重要な物が置いてありますし。」

「自分で現像したいんだよぉう!
ど〜しても暗室が必要なんだよぉう!」(子供かっ!)

長い付き合いのスタッフ達は
私の飽きっぽさをよくわかっていて

実際のところ
過去に何度も大騒ぎをして
オフィスの模様替えをやってもらうも、
一度っきり…というのは
彼女達の経験上よくわかっている様ですな。

どーせ暗室を作っても
面倒になってしまい
「カメラのキタムラで現像してきて」と
フィルムをポンと渡されるのをわかっている様だ。

スタッフの吉田に諭されると
確かに暗室は不要な気がしてきた。

ま、暗室はともかく
とりあえずカメラ本体ですね…
フォトグラファーとしては。(えぇっ?!)

とりあえず秋葉原ですか…。

日曜日に行って勉強してまいります。

失礼?

上沼恵美子さんのラジオを
いつもYouTubeで聴いていて
楽しませていただいております。

彼女の
「ら」抜け言葉と
案外、情報がテキトウ…というのが
やや気にはなりますが

故立川談志氏に
「あんたは天才だよ。」と言わせた彼女ですからね。

リズムがあって楽しゅうございます。

ご主人様の悪口も
彼女のネタの1つですね。

これが面白い。

それでももう40年連れ添っておられますし
一緒に旅行も行かれる様ですから
仲がいいのでしょうね。

彼女がよく口にするのが
「もう…(うちの夫を)あげるわ。」ってやつですな。

これ、彼女のフィルターを通して発せられると
笑えるのですけれども

私は過去に当時の女友達に言われて
激怒したことがございます…(苦笑。

20代前半の時。
バブル期の終わりの頃ですな。

Y子ちゃんには当時、
お付き合いしていた彼氏がおりましたが
ディスコ(古いな…)でナンパされまして
Yちゃんにぞっこんになった男性がおりました。

その男性はバブル期特有のオーラを持った
羽振りのいい方だったわけですが
よくYちゃんを食事に誘うわけですな。

で、Yちゃんは
「チヒロも付き合ってよ。」と、
私を同伴するんですなぁ。

これがねぇ…
本当〜〜に!
行きたくなかったですよ。

現地でその男性が私を見て
ほんの一瞬、
迷惑そうな顔をするのを見るのも嫌でしたし
その場を盛り上げるのも疲れますしね。

ある日
面倒だから行きたくないと
Yちゃんに告げた時に

「え?でも
彼はお金あるしさ。
チヒロの(彼氏は)は将来性ないでしょう。
だからあげるから。」には激怒した。

いらねぇーよっ!!!

しかし今になって考えてみると
Yちゃんは若いのに
自分を演出する術をわかっていたのだと思いますな。

綺麗な女優さんと
お笑い女芸人のツーショット…と
イメージしていただけると
わかりやすいかと思います。

彼女はただ黙って
時々クスリと笑って頷いていればいいわけですな。

私は与えられた役割分担は
きっちりと致しますから
ツバを飛ばして喋りまくり
その場を盛り上げ

「私は何にも出来ないんスけど
Yちゃんは料理なんかも
めっちゃくちゃ上手いんスよぉう」と
彼女をたてる事も忘れない。

そんな私に

「あげるわよ。」は
本当に失礼極まりなく

Yちゃんは少し調子に乗り過ぎてしまいましたな。

今となっては時効ですし
笑い話ではございますけれどもね。

そもそも「うちのをあげる。」という言葉の裏には
その物件(?)に価値があると
所有者(?)が勘違いしているのだと思うんです。

それをもらうのなら
ミソもクソも一緒だけれども
うちの亭主の方がまだマシじゃんか…と
言いたくなる。

私は口が裂けても
「うちの亭主をあげるわ」なんて言えません。

言える代物じゃねぇんですよ。

下取り価格ゼロですし
「奥さん、これ廃棄代に別途料金を頂かないと。」
と、言われますからな。

人様にご迷惑がかかりますから…。

何とか己で維持(?)致します。

伊香保

私がお慕い申し上げている大先輩の院長先生から

「こんにちは。
12月に忘年会がてら
3人で温泉に行きませんか?」と、
メールを頂戴いたしました。

3人というのは
院長と
院長の所に勤務している衛生士のみっちゃん。
私の大の仲良し。
そして私…という面子でございます。

大好きな院長先生と
大好きなみっちゃんとですから
とても嬉しいお誘いでございます。

温泉というのは全国各地、ございますが
院長は私に気を使ってくださり

「先生は仕事で忙しいでしょうから
群馬県の温泉でも…。」との事。

では私勝手で恐縮ですが
近場という事ですと
伊香保温泉はいかがですか?と
返信すると

「任せますよ。
先生、決めて下さい。」

……。

ご予算はどうしましょうか?

「任せますよ。
先生、決めて下さい。」

……。

任せられてもなぁ〜。

みっちゃんに泣きつくと
「1人4〜5万円位でいいみたいよ。」らしい。

ひっひっひぇ〜!
し…4〜5万!!まじかよ…スゲッ…。

群馬県の名物の「上毛かるた」に
「伊香保温泉 日本の名湯」とございますが
いかんせん、近場でございますんでね。

高いっなぁ〜と、思ってしまうわけですよ。

4〜5万か…。
お金持ちは違うわぁ…。

院長曰く
「私は飲んで寝るだけですから。
女子で好きな様に選んで下さい。」との
粋な計らいでございますな。

有り難いですね。

しかし
女子(って歳でもねぇですけど)だから
温泉が好き、マカロンが好き…とは限らないわけで、

私なんぞはハイボールがあれば
立って半畳、寝て一畳で結構でございまして
マカロンよりしょっぱい煎餅が好きなんでございます。

院長に散財させてしまうなぁ…と
恐縮しつつ
楽しみにしている伊香保でございます。