友人

男女の違いがあるのか
それとも
私だけがそうだったのかわかりませんが、

娘時代というのは
”圧倒的な力の差がある場合”以外は
女の友情というのは
持続するのが困難な時期というのが
ございましたね。

「圧倒的な力の差がある場合」というのは
例えば
ブログでお馴染みの
幼なじみの優子でございますね。

優子→長身
私 →短身

優子→小顔
私 →大顔

優子→スタイルが抜群にいい
私 →父曰く「……しょうがないから、お前は頭で勝負しろ!」

まず、外見がDNAレベルでかないません。
完敗しておりますから。

よって
私が、同じ土俵に上がってすらおりませんから、
こういった場合は
土俵が異なるので、友情が温存しやすいですね。

20代の時に
そりゃぁもう
しょっちゅう足を運んだ
友人の結婚式ですが

あの時期に
心から喜べたのは優子の結婚式だけですな。

同じ土俵にいる
同じレベルの”友人”ですと

「おめでとう!!!
本当に良かったね!!!」と、
目にうっすらと浮かべる涙。

この涙には2種類ございます。

①自分に安定した関係の彼氏がいる場合は
心に余裕がございますから
もちろん祝福できるので
『嬉し涙』

②自分に彼氏すらいなくて
実は昨夜も”かなり本気な”合コンに行くも、
収穫ゼロ!!という絶不調期ですと
『悔し涙』

この絶不調期がキツいんですなぁ。

結婚をした同じ土俵の”友人”は
独り身でプラプラしている私に

「幸せのおすそ分け」をしてくれるんですな。

「彼氏紹介」。

いらねぇってんですよ!!
余計な御世話っ!!

……とは、思いつつも
淡い期待をして
のこのこと出かけて行き

新婚夫婦と
初めて会う男性と
4人で食事をするわけですな。

結果的には…

一度も美味しいとは
思えませんでしたーーーーーーっ!!!!!!(号泣)

よっぽど
同じ絶不調期の友人と
焼き鳥屋さんで
互いの傷口を舐め合いながら
やさぐれてですね…
つくねを頬張っていた方が
どんだけ美味しいか!!

娘時代は過酷でしたな。

しかし最近思いますのは
歳を重ねるというのは
案外、いい事でございますね。

とにかく健康で
毎日元気で働かせて頂けるだけで感謝!という気持ちだけになりますね。

友人達にも
事あるごとに助けてもらい
「よくもまぁ…こんな私の友人を
長年やってくれているなぁ…。」と、

本当にありがたいと思っているんです。

人生の折り返し地点を迎えてしばし。

皆と仲良く大笑いしながら
この調子で歳を重ねていければと思います。

冷凍できるの?!!

税理士の先生に勧められて始めたふるさと納税。

今年で3年目になります。

初年度は大失敗致しましたね。

大物狙いで。

Windows10のPC→使わないので
友人の息子さんにあげた。

カメラ→まだ箱に入れっぱなし。
iPhone7で十分。

旅行券→行けない。

また
私の場合は
夫が週に一度しか戻りませんから
殆ど、一人暮らしの様なもの。

活サザエ!!2キロ!!

私はサザエのつぼ焼きが大好きなので、
注文したものの
アポなしで急に届いちゃうから大変。

一人では食べきれませんし
活きていますから鮮度が命。

都内にいる夫に電話をする。

「サザエが届いたから
絶対に今夜は帰ってきて!!」

「えぇっ?!何の事だよ、サザエって…。
だいいち、今日は忙しいから…」

「だって活きているのよっ!
とにかく待ってますからねっ!!」

「サザエの為に
いちいち帰らなきゃいけないのかよ?」

「サザエって言っても
ちょいとそこいらの
しょぼいサザエじゃねぇんですよっ!
ふるさと納税のサザエッ!!
とにかく、早くねっ!!」

「仕事と私…どっちが大事なの?」という
付き合いたてのありがちな
若いカップル的発言じゃございませんが

「仕事とサザエ!どっちが大事なんだよ?!!!」

トンチンカンでございますな。

活サザエが届いたばっかりに
大げんかである。

ふくれっ面をした二人で食する
サザエのつぼ焼きは、
あまり美味しいものではない。

この様に数々の失敗を重ね学習し

ふるさと納税では
比較的低価格で量が多く
冷凍もしくは常温で長期保存できる物を注文し、

エンゲル係数を減らす事による
節税(?)対策を試みております。

今日もふるさと納税でゲットした
玄米、甘紅シャケ、ぬか漬けにした長芋。

実質的な食費はゼロで嬉しい。

しかし
一つだけ困っていた事があった。

「卵」

例えば群馬県榛東村のお礼の品。

卵60個 5000円也。

大家族ではいいけれども
一人で60個は厳しいなぁ…と。

しかし、もしや?と思い
念の為ググってみたら

生卵は冷凍できる!!という事実が判明した!!

生卵をそのままフリーザーバックなどに入れ
マイナス18度程度で数ヶ月は保存OKだそうだ。

自然解凍し
水につければスルリと皮が剥けるらしい。

また冷凍する事で
むしろ黄身の味が濃厚になるとも!!

というか生卵は冷凍できる件、
これって常識だったんでしょうか?

冷凍生卵料理のレシピの多さに唖然。

では
鮮度が命の卵かけごはんはどうなのか?

黄身が液状ではなくもっちりとした食感で
卵の旨味が凝縮された様な味になるらしい。

ちなみにこれ↓

2017-02-22 17.10.19

早速、試してみたいと思っております。

タッチパネル

以前から気になっていた事がございます。

お酒や煙草をコンビニで購入する際、
レジの画面に
「年齢確認」のタッチパネルを
押す必要がございますね。

あれにタッチするのを
拒む人がいる…という噂。

中には激昂する人もいるという噂。

実際にその現場を
目撃したことがないので
疑心暗鬼でございました。

免許証等の身分証明書の提示だと
個人情報の問題もありますし
いちいち財布から出してと
一連の操作が面倒ではございますが

コンビニのそれは
ピッ!と、触るだけでございますから
拒否してやり取りをする時間が
勿体無い気がするんですなぁ。

これはやはり
事の真相を
現場の方に聞いてみる必要がある!と、
天を仰いだ。
(↑本当にヒマなんですね…。)

先日の昼休みに高崎で友人に会い
帰り道に某有名コンビニへ行ってみた。

幸い、お昼時を過ぎていたせいか
店内も混雑しておらず
レジに並んでいる方はいなかったので

蒟蒻ゼリーと晩酌用のハイボールを購入。

レジで年齢確認のタッチパネルをタッチ。

カードで支払いを済ませ
私と同世代とお見受けするレジの女性に

「ちょっと伺いたいんですけれども、
年齢確認のボタンをタッチしない方って
本当にいらっしゃるんですか?」と、聞いてみた。

その女性はとても気さくな方でして
「いらっしゃいますよ。」と、
色々と教えて下さった。

もう一人の若い女性のスタッフさんも加わり、
赤裸々な体験談を伺い
「へぇ〜。」
「あらぁ〜。」
「ホントにぃ〜?」と、
完全に井戸端会議になっておりました。

比較的ご年配の男性に多いらしい。

対処としては
ひたすらタッチして下さる様に
お願いするらしい。

ご苦労されておられるのですね。
本当に気の毒だと思った。

しかしその反面

何となくその拒否したくなるお気持ち…、
「日本の高度成長期を支え
一生懸命に働き
住宅ローンを払い
子供達を一人前に育て上げた
そんな俺が!
どう見ても未成年ではないだろ!」と、
言いたいお気持ちは
わからないでもないですけれどもね。

貴重な”現場の声”を伺った後
一度、レジを離れ
再度、レジに戻り
タバコを買い

タッチパネルの表示が出た時に
「タッチしたくありませんっ!」と
お約束の発言をした。

レジの方が大爆笑して下さいました。