絵を‥

日曜日の午後は夫と
東京都美術館の
ゴッホとゴーギャン展に行って来ました。

img_2052

私は特にゴッホが好きでございまして
初期の作品のこれですね。

2016-11-28-14-49-30

この絵で一目惚れをしたのが最初でございました。

ゴッホとゴーギャン、
ゴッホの最大の理解者であった弟のテオ、
そして、ガシェ医師。

この4人の興味深い関係性の事は
以前も書き込みを致しましたのと
長くなってしまいますので
割愛させていただきますが

そんな背景を考えながら
ゴッホの世界を堪能してまいりました。

ブログを書いていて思いますのは
自分のボキャブラリーの少なさ‥
特に形容詞の乏しさに苛立ちますね。

絵の素晴らしさを言葉として表現できない。

「スゲ〜!」
「うわぁ‥めっちゃ鳥肌っ!」こればっかり。

小学生レベルでございますな。

そもそも名画に対してウンチクを言えるほどの
知識もございませんで

好きか、嫌いか‥それだけなんですねぇ。

また絵画の解釈ってのも
いかんせん、私はへそ曲がりなものですから
どこか懐疑的な思いもちょいとあったりして

「本人に聞いたんかい?」と、言いたくなったりして。

さて‥
私は何事にも影響を受けやすく
映画「セッション」を観てドラムセットを買いました。

で、今回のゴッホですか。

自ずと
「ゴイさん‥私、絵をやる!!!」になった。

早速、夫の父に油絵の道具を譲り受ける連絡をし、
Amazonで買ったのがこれ↓。

2016-11-28-15-43-42

やっぱり
マルマンのスケッチブックは基本かと‥。
(↑相変わらず、発想が安易)

さて‥絵をやるっ!‥けど、何を描こうかな‥。

コンビニの駐車場脇にひっそりと
灰皿が置いてありますね。

私は車内では吸わないので
ローソンの駐車場に車を止め
灰皿の位置するところに向かった…先々週の日曜日。

あれは喫煙者にとってはオアシスなんですな。

そのオアシスで若い男性が
ライターで煙草に火をつけようとしたが
つかないようで
カチャ、カチャとやっている。

「良かったらどうぞ。」と
ライターを渡した。

「あ…ありがとうございます。」と
彼は私のライターを使った。

二人は無言で
コンビニの壁を背にして
道路を眺めながら
煙草を吸う。

ライターの火を貸しただけですが
言ってみれば、そのシチュエーションでは、
私は彼の命の恩人に近い存在なわけですな。

そこで彼と私の間には
ある種の「絆」が生まれたわけです。

さて…ここで困ったな…と、思った。

灰皿のオアシスを後にする
その場の立ち去り方。

理想的なパターンは

彼が先にその場を立ち去り
去り際に
「ありがとうございました。」という類のジェスチャー、
例えば、軽い会釈とかね。

そうなると
私の方も
「いえいえ、どういたしまして。」というジェスチャーの
軽い笑顔で彼を見送り

一瞬でも絆を持った二人ではあるが
それぞれの人生に戻っていけるわけです。

しかしこの彼…
煙草の根元まで吸うタイプの方なのか
彼自身も
立ち去り方を模索しているのか存じませんが

いっこうに立ち去る気配がない。

私はどちらかというと
煙草半分で消してしまいたい派。

吸い続けて気持ちが悪くなってきた。

よって
私が先に立ち去る事に
ならざるを得ない状況になった。

ペコリと会釈をするのも
私は確かに彼の命の恩人(?)ではあるが
恩着せがましい気もする。

しかし
袖すり合うのも何かの縁。

ほんの一時の絆を結んだ方に
無言で去るのも失礼な様な気がしなくもない。

この様に
赤の他人同士が
何かの拍子に遭遇する
絆というか連帯感の様なものって
あると思うんです。

電車で足を広げて踏ん反り返って座る若者。
ヘッドフォンの音ももれていてうるさすぎる。
カッコつけているつもりなんでしょうな。

だけど、あんた‥ズボンのファスナーが全開だぜ。

マナーも悪いけど、下半身のマナーも悪いな。

真向かいに座る私は苦笑すると
隣に座る女性も気がついていたのか
彼女とふと目が合うわけですね。

「ですよね‥。」という類のアイコンタクトを
するわけではないのですが
彼女と私の間には
何か連帯意識が芽生えますね。

さて‥話を戻しますと
ローソンのオアシスでは
「どうやって立ち去るか‥」と
しばらく思案した挙句

携帯電話のバイブが鳴ったふりをして
バックからガサゴソとiPhoneを取り出し

「もしもぉぉし!
ど〜も〜。お世話になっておりますぅ〜。」と
下手な小芝居をしながら
その場を後に致した。

気ぃ使うわぁ‥。

ファスティング

ワタクシ、昭和大橋歯科医院のHP並びにブログの管理をさせていただいております”そこそこ”の和泉と申します。

まだ、前橋・高崎の余韻に浸りながら、なんとか年内にもう一度再訪できるタイミングがないものか計っている今日この頃でございます。

さて、東京は昨夜からの冷え込みで朝には積雪しておりました。
懲りずにチャリで会社に向かいましたが、まぁそこそこ濡れちゃいますよね・・・。

話は変わりますが、チコ先生もなにやらダイエットに勤しんでおられるようですが、実はワタクシも興味があるのです。

もちろん、ワタクシちっちゃいオッサン代表ですから、ちっちゃいものの太ってはおりません。しかしながら、30代を超えてからは確かにお腹周りにお肉は付いたかなぁとは思います。それでも、基本的に太る体質でもないので、太ってはいないです。

興味があるのはダイエットではなく、タイトルにもあるように「ファスティング」でございます。

—————————————————————————————————————————ファスティングとは、半日から3日ほどの期間、食べ物を摂らず、水や栄養ドリンクだけで過ごすダイエット法です。 断食によってカロリーを大幅にカットできることはもちろん、内臓を一定期間休めることで、身体にたまっている毒素や老廃物を排出させ、身体が本来持っている力を引き出します。
—————————————————————————————————————————

だそうです。

目的はデトックスの方です。3週間の予定です。来年の4月1日からの予定です。

・・・できるんだろうか。これに加え、禁煙もします。

なにぶん、ワタクシの意志の弱さったらないわけです。
ポッキーの如くすぐに折れます。はい。

ただ、禁煙よりもファスティングに興味が湧き、来年チャレンジ予定でございます。
しかしですね、食べるの好きなわけですよ、、、お酒も、タバコも。
ということで、年末年始は忘年会などもありますので無理と判断。

年明けから、3月中旬までは仕事が忙しい時期なので、タバコが必要。

ということで、4月1日!エイプリールフール!!!
ワタクシ、ちっちゃいオッサンこと和泉勇輝はファスティング3週間チャレンジいたします!!

 

さてさて、昨夜はチコ先生とSkypeで小一時間ほどあーでもこーでもないと色々とやり取りをしておりまして。不意にSkypeしたものですから、チコ先生、あられもないお姿ではにかみながらお相手くださいました。ありがとうございました。

チコ先生のあられもない姿・・・皆さまのご想像にお任せいたします。

それでは一句。
ファスティング タバコもお酒も ファッキング

お後がよろしいようで。