経験値

歳を重ねた人と若い人の違いの一つに
経験値があると思います。

この経験値というのはとても大切だと思います。

例えば
ストーブは熱い…と、
自分で火傷をしてわかっておりますからね。

ですからついつい
「おい、近寄るなよ。火傷をするから。」と
余計なお世話発言をしてしまう事がある。

しかし時代の変化とともに
案外、熱くない、火傷をしないストーブも出たりするわけで

要するに、この経験値があるゆえに
若い人の意見を取り入れ辛いケースもあるなぁ…と
最近、痛感させられた事がありました。

ある、若い方お二人、
これから事業を始める方
そして始めた方

このお二人との出会いがございました。

そもそも私クラスの頑固ババァになると
最初に話を聞くときには
終始、上から目線でございますよ。

「(一見、チャラい)若造が
何をほざいてんだよ…。」ってな具合ですな。

しかしですね
じっくりと話を聞いてみると
筋が通っているし
「ほぉう…。」と、感心を隠せない。

お若いなりに
皆さん、お勉強して
しっかりとされておられるのですなぁ。

学ばされる事が多いんでございますよ。

歳を重ねても柔軟にならんといかんなぁ…と
思ったりする時
いつも明治維新の影の立役者の一人であった
下関の豪商の白石正一郎が脳裏をよぎったりする。

幕末というのは
やれ「攘夷」だの「開国」だのと
要するに
国がごちゃごちゃになっている状態。

そんな中、決死の覚悟で
熱い志を持つ若者が大勢いたわけですな。

白石正一郎の家は
そういった人達の
たまり場になるわけですけれども

彼はどんどん場所を提供して
若い人達の話を聞き
資金援助もするわけですよね。

それらの若い人達の中にいたのが
高杉晋作でございますね。

白石より27歳も若い高杉晋作の人物を見抜き
全財産をかけちゃうからすごいと思うんですよ。

年齢から計算すると
当時の白石と私は同年代。

私には出来ないなぁ…。

そもそも高杉晋作クラスの逸材もいないし
いても見抜く眼力が私にはございませんからね。

私が可愛がっている晋作はこれ↓

img_1709

同じ晋作でも
せいぜいうちのラブラドールでございますからね。

レベルが違う。

考えてみれば私なんぞは
ただただ無駄に歳を重ねてきているだけで
これからはどんどんとお若い方の話に耳を傾け
学ばせてもらわんといかんなぁ…と、思っております。

ユーモアと好奇心

念のため
アイリス・アプフェルをご存じない方のためにこれを↓

彼女は
雑誌VOGUEあたりを見ていると
必ず出てきますし

ニューヨークファッションウィークの
ニュースをチェックしてみれば
ファッションショーのフロントローに
必ず鎮座しておられますし

ファッション系ドキュメンタリー映画にも
必ずと言っても過言ではない程
出演されておられますね。

彼女の手がける作品の卓越したセンスには
もう驚かされるばかりでございますが

このドキュメンタリー映画は
とても素晴らしいものでございます。

iTunesで買って正解っ!でございました。

特に私は
94歳の彼女の人生観と
結婚生活が70年(!!!)近い夫婦のあり方に
とても感銘を受けました。

名言だなぁ…と、思ったのが

「人生に必要なのは
ユーモアと好奇心」と、言う彼女。

そんな彼女を100%理解して
サポートするご主人。

結婚して70年近く経った現在でも
仲が良く
互いを思いやるふとした仕草や言動が
とても素敵でございましたね。

日々精進の発展途上の我々夫婦ですが
こういう夫婦に仕上がりたいと
思わせられるお二人でございました。

例えばそれが夫でも妻でも友人でもパートナーでも
誰でもいいんですけれども

「自分のよき理解者」というのは
人生に不可欠だと思うんですよ。

私なんぞはアイリス夫婦の足元にも及びませんが
いつも心の片隅で
「まぁ…うちの亭主が理解してくれているからいいや。」と
思っている節があり

私の奇想天外な考えや奇行も
無条件に理解してくれて
応援してくれる亭主には
実は感謝しているわけでございまして

その分、好奇心旺盛な彼の
一番のサポーターにもなりたいとも思っており

こういった気持ちを
日常生活の中できちんと相手に伝えないといけないなぁ…と
思いました。

アイリス夫婦は70年経っても
相手への感謝の気持ちを
きちんと言葉に出しておりました。

我々なんぞは20年も満たないわけですから
相手に言わなきゃわかんねぇよなぁ…と。

ファッション、インテリアだけでなく
自分自身を一度立ち止まって
もう一度、見つめ直させられる映画でございます。

こういった素敵な出会いがありますから
やっぱり映画はやめられませんね。

ひとりごはん

日曜日の午後は
久しぶりに夫の実家に行ってきました。

夫の父の作った
鯵の南蛮漬け
イカ明太子と
母の作った
ポテトサラダと
夫の一番の大好物の
いなり寿司をリクエストしておいた。

突撃!隣の晩ごはんに出てきそうな
本当にごくごく一般的な食卓ではございますが

私の様な生活パターンですと
それが時々とても恋しくなるんですね。

夫は殆ど都内で生活しておりますから
結局のトコロ
私はひとりごはんになります。

このひとりごはんですが
きちんとご飯を炊いて
お皿を並べて
テーブルの上で食事をされる方というは
偉いと思うんです。

私なんぞは
怠け者でございますから

さとうのごはんをチンして蓋を開け
その上に直接
納豆なり
卵なりかけて
食べちゃう…。

お皿を洗わなくてもよろしゅうございますからね。

またテーブルの上ではなく
ソファの上であぐらをかいて
映画を観ながらの食事になりますので
どちらかというと

「かっ食らう」という感じになりますね。

食事のマナーだけは厳しかった両親…特に
父なんぞは草葉の陰で涙しているのではないでしょうかね。

お行儀が悪いにも程がある!!!ってのが
私のひとりごはんの流儀(?)でございます。

またここしばらく
食事制限をしてまいりましたので
まぁ、昨日は食べたですねぇ…。

幸せでございました。

一昨日から仕事着もMサイズになり
リバウンドしないか心配でございましたが
また今日から気を引き締めて
ダイエットの方も頑張ります。