トイレットペーパー問題

トイレットペーパーの芯まで
あと1巻しか紙がない…これは
めっちゃ、腹が立ちます。

足りない!!!!

なんで中途半端に残すんですかっ!!!と、思う。

これはですね、
芯を外して
新しいトイレットペーパーに
変えるのが面倒くさいからだと思うんです。

「私は3巻って決めているから…。」

いやいや…あなた!

それは屁理屈ですよ!

面倒くさいからですよね?!!!

ちなみに…

私は”混んでいる”公衆トイレで

運悪くトイレットペーパーを
使い切ってしまった場合

面倒くさいけれども取り替えます。

また紙の先を三角にも折ります。

何故かというと
次の人がいますからね。

「あら、あの人は几帳面な
しっかりした人なのね」と、思われたいという
要するに、偽善者ですな。

さて…
この
「トイレットペーパーの芯まで紙があと1巻」問題について。

自分のクリニックのスタッフ用トイレで
時々それを目にするのが
最近、気になっていた。

うちのスタッフはですね
手前味噌で恐縮ですが
皆、本当にいい子なんですよ。

文句一つ言わずに
頑張ってくれておりますしね。
よく働いてくれますし
きれい好きですから掃除もよくしてくれますし
笑顔もいい。

しかし
私自身がトイレで用を足しながら
その問題に直面する事があるのに気がついた。

誰なん?

笑顔で「先生、おはようございます!」と
言ってくれるスタッフ…、

心の隅で

「お前か…?」

笑顔で「先生、どうぞ!」と
アイスコーヒーを入れてきてくれるスタッフ…、

心の隅で

「お前か…?」

だんだん疑心暗鬼になってきた。

仕事というのはチームワークですし
私はスタッフというのは家族だと思っておりますから
このままではいかん!!!と思い
緊急ミーティングですね。

相当レベルの低いミーティングでは…ある…のは否めない…けど
疑心暗鬼で仕事はしたくありませんからね。

次の人に心地よくトイレを使ってもらいたいという
同僚としての配慮だと思うんですよ。

要するに「思いやり」ですね。

さて…そんな講釈を偉そうにのたまった私ですが

結果的に犯人は…

『私!!』でございました。

仕事の後に
オフィスに友人知人が来て飲みますね。

トイレに行きます。

飲んでいますから
頻繁に行きます。

話の途中ですから急いで用を足す。

トイレットペーパーはそのまま。

これが判明したわけですねぇ…というか
思い出したわけです。

お騒がせして
そして
少しでも疑ってしまって

本当に本当にすいませんでした!ごめんなさい!

スタッフ達に深々と頭を下げました。

自動販売機

アメリカ映画の
ちょっとしたワンシーンの台詞で
時々耳にするのが

「東京では(女性の)使用済み下着が
自動販売機で買えるんだよ。」

というもの。

こんなシーンに遭遇したのは
1度や2度じゃございませんで
以前から気になっておりました。

具体的に
「80ドル位らしいよ。」
「ええっ?!マジで?!!」という
リアルな台詞もある。

日本人として
聞いていて本当に不愉快な気持ちになります。

そんな自動販売機があるわけがないっ!し
仮にあったとしても
どこに設置するんですかぁ?!

考えればわかると思うんだけどなぁ。

あちらの人はバカなんか…と
非常に腹立たしい気持ちになり
夫に電話をして
昨夜は愚痴を聞いてもらったわけです。

考えてみると諸外国の中で
日本は自動販売機が多いのは事実。

また性能がよろしゅうございますね。

缶ジュースも当たりが出たらもう一本!!
なんてぇのもございますし
故障も少ないと思います。

「いや、違うジュースが出てきた事もありますよ!」というご指摘。

はい。確かにございますね。
しかし、自動販売機の本体に
連絡先なるものが
丁寧に記載されている事も多いのではないでしょうか。

海外…例えばアメリカですと
(これはあくまでも私個人の体験談ですから
80年代ですので現在はわかりません。)
自動販売機から商品が出てこない…という覚悟で
買ったほうがいいですし
出てこない場合、責任の所在がないという印象。

「あ”ーーーーーーーーっ!!」という怒りを
自動販売機本体にぶつけて
機械を揺らすと
ポトリ…と、スニッカーズやらポテトチップスが
出てくる場合はございました。

また1/4ドル…25セントのコインが
日本円の10円玉と
大きさが同じなのでしょうか。

当時は
機械が10円玉を25セントと
認識しちゃう場合もあり
1ドルの商品が40円で買えちゃうという
(※犯罪ですからね!←当たり前ですっ!)
本当に機械本体が雑な印象でした。

現在は違っているでしょうから
ごめんなさいね。

話はそれましたけど
日本の自動販売機の数が多く性能がいいので
ステレオタイプとして
海外に浸透して
挙げ句の果てには下着まで買えちゃう…と
なったのでしょうか。

困ったものです。

海外の方とチャットをすると
「そういうアホな噂があるけれども
そんな自動販売機はないからね!」と
草の根運動をしております。

イタズラ

毎月、第4の金曜日から日曜日まで
矯正の治療で来てくれている
お馴染みのゆうこ先生。

私は彼女の私物に
ちょいとイタズラをするのが好きなんです。

数日後…もしくは数年後に
彼女はそれに気付き

「ちょっとぉ!!!!!」と、
怒って電話をしてくる。

例えばこれ↓

2016-05-18 17.08.39

数年前に彼女の免許の裏に
私のスタンプを押しておいた。

そして先日、
彼女は免許の更新に行った時に
係の人にこっぴどく叱られたらしい。

いつも沈着冷静な彼女の
慌てる姿を想像すると
面白くて大笑いしてしまいます。

また
よくやるのがこれ↓

IMG_1583

彼女のスマホに
Appleのリンゴのロゴを
マジックで描いておく。

数日間はこれで過ごすのでしょう。

山手線の車内に座り
スマホをいじる彼女の
向かいに座っている人が

「どういうセンス?!」と、思うでしょうなぁ。

「もう…、本当にやめてよね!!」と
数日後に電話をかけてくる。

大爆笑ですよ。(←子供かっ!)

消すのが大変らしい。

今回も描いてあげました。