コーディネーター

2016-03-26 10.54.23
ロンドン旅行の準備で
ナショナルギャラリーの本を読んでいたのですが

「学芸員のガイドがつくのなら
謙虚になって
『全然わからないので教えて下さい』という姿勢で行かないと
ダメだよ。
学芸員の人の知識ってすごいからね。
お前の浅知恵で余計な事を言えば、生意気だと思われるよ。」と
夫に指摘され

確かに…ごもっともでございます…と
せっかくAmazonで購入した本ですが
本棚の奥にしまい込んだ。

むしろこちらが「全然わからないので教えて下さいっ!
一生ついていきますっ!」という姿勢で
色々とご教授下さる際も
「へぇ〜。ほぉう〜。へぇ〜。ほぉう〜。」と
へーほーへーほーしている方がきれいですな。
場合によっては
メルアドなんかを交換出来るかもしれない…学芸員の方と♪

さて…現地のコーディネーターの方から連絡あり。
レストランの予約の件なのだそうだ。

私はとても面倒なクライアントかと思われ

具体的にここに行きたい!あそこに行きたい!という他に
「〜的な所」「〜な感じの所」という
阿吽の呼吸の亭主位しか
わからないであろう表現をする事があり

わかりやすい例で言うと
「アンティークな本が置いてある古本屋さんに行きたい。
それもドン・キホーテの初版本を取り扱っている様な。
そして本屋の主人はやや気難しい感じの古い英国紳士っぽい感じ…的な?
映画でキャスティングするとすれば、
アンソニー・ホプキンス…的な?」と、言う。

「ドン・キホーテの初版本をお求めになりたいのですか?」と、聞かれたので

「いいえ!(きっぱりっ)
そんな感じのお店に行って写真を撮りたいだけです。」と、言い

この様な所でしょうか?という類のURLを送ってくださるも
全て却下。

映画の撮影ロケーションにこだわる
黒澤明巨匠気取りですな。

ファインダーにおさめたい…とか言いますしね。
(↑「写真を撮りたい」って言えばいいのに…アホか!)

本当にうんざりするでしょうなぁ…という程
細かくて意味不明な事ばかり言っているので

レストランをひとつ…予約するにも
コーディネーターの方は
その都度、確認してくださるわけです…が

例えば
「英国伝統料理を出す老舗レストラン」と希望すると

こちらのレストランと…
2016-03-31 15.51.00

こちらのレストランでは…
2016-03-31 15.51.42

どちらがよろしいでしょうか?と、聞かれても…

HPだけではわかんなぁ〜い…と、なるので
「その件に関しましてはお任せいたします。」と
返信をしておいた。

この類のレストランの他に

超庶民的地域密着型食堂で
割烹着と白の三角巾の似合う名物女将がいて、
例えば鯖の味噌煮が一皿100円で
サラリーマンの方々には大人気的食堂へ行きたい…と、頼んだら

どーもオシャレなカフェっぽいお店をセレクトをしてくるので
なんか違うんだよなぁ…と、全く決まらないので
これは自力で現地で探そうと思っております…。

学芸員

ロンドン旅行にあたり
ナショナルギャラリーには行きたくて
現地にて美術専門ガイドの方の手配をお願いしておいた…ら
手配ができたました…というご連絡を頂戴した。

ロンドン在住の日本人男性らしい。

その方の経歴が書いてあった。

東大出身→別に何とも思わなかった。

ミュージカル等の演出が本業→「え…?」かなりビビった。

すげーっ!!!!

演出家の方なんですかぁ?!!

学芸員の資格有→「えーーーーーっ?!!」

すげーっ!!!!

これにはひっくり返った。

ミーハー感覚でテンションが相当あがった。

私が絵画を見て
どこからか引用してきたゴタクを並べ
知ったかぶって喋ったらエライことになりますな!!!

学芸員の方ですからね!!!

私の辞書には「謙虚」という言葉はなく
「知ったかぶり」「見栄っ張り」という言葉ばっかりなんですけれども、

今回は謙虚にならざるを得ない…。

野球のボールすら触った事のない人間が
イチローに「野球とは…」と、語るような事になっちまいますでしょ。

しかし…やっぱり「見栄っ張り」なんでしょうね。

絵画の説明を受けていても
何か”余計な事”を”知ったかぶって”言いたい…ので

これをAmazonで購入。↓

2016-03-26 10.54.23

「アレゴリー(ロンドン・ナショナル・ギャラリー)」

「ナショナルギャラリーが誇る
世界有数のヨーロッパ絵画のコレクションの中から
厳選した作品を紹介し
絵画を鑑賞し楽しむための
10の”知的アプローチ”に誘う!」

この「知的アプローチ」に惹かれましたね。

知的アプローチとは無縁なんでね…いかんせん。

内容紹介で
「アレゴリーとは『愛は盲目』や『光陰矢の如し』などの抽象的な表現を、絵画などの具体的な表象を用いて古代の神話や聖書、あるいは中世の占星術を範をとり、比喩的かつ暗揄的に表す方法のことである。絵画的には、その概念を明らかにするアトリビュートをともなう、擬人像として表現されることが多い。例えば、本書で説かれる、西洋美術に表されたアレゴリーの主要なタイプである”美徳”と”悪魔”のように。」

なんのこっちゃっ!!!!!

しかし
全部暗記していきますよ!!!

丸暗記だけは得意なんでね。

見栄っ張り…知ったかぶり…をするのも
案外、努力がいるんです…。

007

「6代目のジェームス・ボンド
ダニエル・クレイグが降板か?!」という記事。

2016-03-25 10.02.38

007の制作秘話のドキュメンタリー映画
「エヴリシング オア ナッシング」(2012)がございますが
この中でダニエル・クレイグが
ジェームス・ボンドに抜擢された時の
プレスの反応がひどかったというエピソードがあります。

ややボサボサ頭の長髪で記者会見した彼は
ジェームス・ボンドになれるんかいな!という
いでたちでございましたから
記者達の質問も意地悪でございました。

そして「カジノロワイヤル」(2006年)でございますね!!

私はアイリッシュ系の殿方は
あまり好みではないのですけれども

「世界一スーツが似合うのでは?」と、思うほどウットリして
惚れ惚れと致しました。

ナイスボディですしねぇ…うっひゃっひゃっ!

また歴代のジェームス・ボンドと違って
(これは製作者サイドが意図的の作ったらしいわけですが)
ダニエル・クレイグ演じるジェームス・ボンドは
人間味があって、自分の素の部分を描写するシーンが多いですね。
本気で女性を愛してしまったりですね。

その分、感情移入しちゃっておりますから

次のジェームス・ボンドは誰なのよ?
お手並み拝見といこうじゃないの?…と、なる。

色々な候補者がいるようですが
個人的にはダントツでトム・ハーディ…大好き♪

2016-03-24 17.02.06

もしくはやや若手ですけれども
ジャック・オコンネルあたりがよろしいかと…。

2016-03-24 17.01.35

そんなわけで…ついついiTunesで
007の2015年の作品の「スペクター」を
買っちゃいましたです…。

いやらしいのですよね…iTunesは。

「レンタルはしますよ…500円で。
しかしレンタル開始は4月6日でございます。
ごめんあさーせ!
でも、2500円で購入していただけたら
今すぐに観られます」…というヤツですな。

待てませんや〜ん。