ゴールドラメ!!!

京都の着倒れ
大阪の食い倒れ
江戸の履き倒れ

と、言いますね。

京都と言うと
舞妓さんや芸妓さんから
豪華絢爛な着物というイメージが
あるかもしれません…が

京都の方は
普段着の着物というのは
とても地味な色合いの物を
お召しになられるという印象。

母が京都からお嫁に来た時に
群馬の着物(銘仙ですね)を見て

随分と派手だなぁ…と、驚いたらしい。

以前に
Facebookの着物サイトで
銘仙を着ている写真をアップしたら

IMG_1153

京都のベテランの方に

「あぁ…銘仙ですなぁ…」とか
「傘の持ち方が違いますやろ」とか

やんわりと
はんなりと
でも
ボロカスに言われて

相当凹んだ事があります。

銘仙の斬新な絵柄や色合いは大好きなので

母に愚痴ると
「おこんじょ(意地悪)だね」と
苦笑いされましたが

やはり京都育ちの母は
地味な色合いの物を好んで着まして

以前、母は黒っぽい大島に
印伝の小ぶりのバックという装いで
二人で出かけた事があります。

その時に
同業の女性の大先輩に
会ったわけですが

彼女が
「チヒロのお母さんって
もっと派手かと思った。
すごく地味ね…ちょっとがっかり。
私だったら、あんな色の着物は着ないわね。」と、
言ったわけです。

母の着物姿はとても好きだったので
ちょっと嫌な気持ちがしたのと
”あんな色”って言うけど
大島紬と甲州印伝を知らないのかなぁ…と
思いました。

母より10歳程若い彼女は
「私だったら、
やっぱりゴールドラメの着物に
プラダのバックがいいわね。」と
ふんぞりかえった姿を見て

あぁ…着そうだなぁ…。

というか
ゴールドラメの着物が似合うのは
紅白に出ている小林幸子と
あなたくらいですよ…と
心の中でせせら笑った記憶あり。

あれから20年弱という歳月が
経ったでしょうかね。

先日、彼女がFacebookで
とても上品な結城紬の着物を
お召しになっている写真を見た。

派手なメイクは健在でしたが
結城紬に何連にも重ねてた
ゴールドのバングルと
ターコイズの大きなピアスが
いかにも彼女らしくて
とても似合っておりました。

彼女は丸くなったのかな…と、思いました。

当時の彼女は一人で開業して
猪突猛進していた時期ですから

尖がるわな…と

20年前の彼女の気持ちが
わかる様な気がいたしました。

時々、ご連絡を頂戴して
お誘いを受けるのですけれども
何となく避けておりましたが

ご飯でも食べに行こうかな…と、思いました。

ヨーグルト

世の中の流れから相当遅くなりましたが

ギリシャヨーグルト!!!

美味しいですね!!!!

先日、コンビニのクジで当たった
明治のヨーグルトのバニラ味なる物を食べて
ビックリ致しました。

2015-11-28 19.04.23

レアチーズケーキみたい!

早速、調べてみると
キーワードは
「ギリシャヨーグルト」だと発見し
片っ端から購入しております。

もともと”ヨーグルト”というのは
積極的に食べたいという物ではなかったんです。

料理をする時に
レバーのお肉の臭み取りに使うか
ドレッシングに使う程度で

それ単体を
好んで食べるという事はありませんでした。

しかし
朝食にフルーツとヨーグルトを食べる人というのに
ちょっと憧れていたのは事実。

友人と旅行に行って
山盛りの白米に
納豆をネチャネチャとかき回している私と対照的に

朝食のメニューが
紅茶
グレープフルーツ
ヨーグルト

という、友人を見ると

意味がわかんねぇ…
全然っ、腹の足しになんねぇよなぁ?

と、思いつつも
オーガニックな感じがして

羨ましい…と、思っておりました。

ですから娘時代は
お目当の殿方との朝食に限っては

ヨーグルトとフルーツを
無理して注文し

あーっ!酸っぱいっ!
と、に、か、くっ!
酸味だらけだよなぁ…
全然、食った気がしねぇ…と
内心は苦々しい思いをしつつ

「私ってオーガニックなの♪」アピールをし

帰り道は
駅の立ち食いそばで
独り、天ぷらそばを食べたり致しましたね。

「キザミネギを多めでお願いしまーす!
あと、卵も!!!」なんてね。

そんな酸っぱい思い出(?)ばかりの
ヨーグルトでございますが

ギリシャヨーグルトは別物ですね。

濃厚。酸味が少ない。
そして腹持ちがすごくいい。(←これ重要)

しばらくはギリシャヨーグルトにハマりそうです。

催眠療法

我が家の「夫のソファがボロボロ問題」。

ラブラドール♀のマツが
好んでボロボロにしてくれているので
ご覧のように座面がですね…
日々少しづつ崩壊しております…。

IMG_0855

もう買い換えるしかないわけですが
このタイプが廃盤になっているので
買うとすれば2脚必要になる。

さて…

お財布完全別々型夫婦というのは
こういった場合に困る…特に我が家は困る。

例えばですね…
夫が買ってくれた場合
文句が言えませんからね。

先日、
「アメリカ製の何ていうブランドだったかなぁ…。
いいのがあったんだよね。」と、夫。

ふぅん。

買ってくれるのなら文句は言えないけどさ…
デザインはどうなのよ?…と、思った…けど
黙っていた。

私はカリモクか
デンマークのkebeがいいんですけどね。

一脚30万円以上はしますんでね。

回転寿司に行って
「あ…今日はいいわ。
私が払っておくわよ。」というわけには
いかねぇ値段なわけですね。

何とか夫に払って頂きたいっ!ので

彼がうたた寝をしている時に
耳元で
「カリモク…kebe…
カリモク…kebe…」と
ささやいている今日この頃でございます。

催眠療法ですな…。