ロンドンへ⑤

今日もブログの管理画面が不調で
写真がアップできませぬ。

コッツウォルズへ行ってきたのですけれども
あの素晴らしい街並みや
庭園の美しさは
私の薄〜くて
浅〜い文章力ではとてもとても表現しきれません。

ロンドンの
結構慣れてきたパディントン駅から
電車で2時間程のモートン・イン・マーシュという小さな駅で下車。

コッツウォルズという場所はウィキペディアを抜粋すると
イングランド中央部に広がる標高300メートル以上に達する
丘陵地帯で特別自然美観地域に指定されているそうで
北部、中部、南部とあり

今回、私が伺ったのは北部ですね。

現地のガイドをしてくださったのが
ささきひとみさん。

コッツウォルズに
イギリス人のご主人と13歳になる娘さんと一緒に暮らしておられ

ガーデニングの他にも
アンティークにも造詣が深く
日本の雑誌にコラムを書いておられるという才女ですね。

また彼女は
とても可愛らしい女性で
彼女の人懐こい笑顔に一目惚れでございましたね。

今回、お願いしたドライバーのニックさんは
ささきひとみさんがとても信頼をよせておられる方で
おそらく年齢は60代位なのでしょうか。
地元で生まれ育った方で
とても気さくで優しい方でした。

運転しながらも
「ほら。ここは特に景色がきれいだろう?」」と、
この地域を心から愛しておられるのが感じられ
とても微笑ましく思いました。

お二方に出会えたのは
とても貴重でございましたです。

ちなみに彼女が住んでいる家は築300年以上だそうで
もっと古い家もざらにあるらしい。

驚きましたのは
あちらでは古い家程、高く売れるそうですね。

今まで住んでいた家を高く売って
もう少し高い家を買い…というのを繰り返し
子供達が独立すると
その家を売り
こじんまりとした家を買い
差額が老後の生活資金になっちゃうんだそうです。

メンテナンスが大変でしょう?と、伺うと
やはり大変だそうですね。

それでも羨ましいですぇ…。

たまたま売りに出ていた家を発見し
「これだといくら位なんでしょうかね?」と、伺うと

「1億円位はするんじゃないでしょうか。」との事。

なるほど…1億ですか。

おねだりしてみようかな…矯正のゆうこ先生に(ニヤリ)。

「はぁ?!いちおくぅ?!」と、
呆れた顔をする彼女の顔を想像し
ちょっとゆうこ先生が懐かしくなった。

まぁ、この様にですね、どこへ行っても
相も変わらず下賤な事ばかり考えてしまう
やさぐれた私ですら

自然と笑顔がこぼれ
とても幸せな気分にさせてくれるという
コッツウォルズの景観は
本当に素晴らしいものでございました。

今回は残念ながらの日帰り旅行でございましたが
次回は少しのんびりと
長めに滞在したいと思います。

場合によってはゆうこ先生を連れてきて
そそのかしてみよう…と、目論んでおります…ウヒヒ♪

ロンドンへ④

現在、5月2日の朝4時半です。

ブログの管理画面が絶不調で
写真がアップ出来ず
日本に帰ったら
ブログ管理人のお馴染み、和泉さんに
直してもらう予定。

さて…昨日はロンドン、パディントン駅から
電車で1時間程の所に位置する
オックスフォードへ行ってまいりました。

石とアーチ型の鉄柱とガラス天井の美しい
オックスフォード自然博物館や

英国で発行されたすべての書籍一冊を所有する権限を持つ
6大図書館の一つの
ボトレイアン図書館、

そしてハリーポッターの撮影で有名な
クライストチャーチですね。

この3つのツアーに参加して見学をしながら
余った時間はのんびりと街の探索を致しました。

オックスフォードは40近い由緒ある大学が存在しており
数百年間変わらないたたずまいを見せる敷石の街並みが美しく
街を歩いていると
タイムスリップした様でしたね。

しかし
今回同行してくださったガイドの女性の
「この壁も12世紀だったか、14世紀だったかな。
まぁとにかく古いんですよ。」に

最初から「えぇっ?!どっち?!
200年の誤差ってすごく気になるんですけどぉ」と
その辺がとても神経質な私は
ちょっと嫌だなぁ…と、思いつつ
気を取り直して、街並みを楽しむ事に。

この女性はイギリス生活が20年のとても素敵な日本人女性です。
ただ、時々ちょいと気になるご発言をなさるんですね。

カフェでランチ休憩をしている時に
「日本では報道されていないかもしれませんが
イギリスでは日本の捕鯨バッシングがすごいんですよ。」

大久保利通を知らなかったあなたが
捕鯨問題を言っちゃうのぉ?と
スポーツとして狩猟を楽しんだ歴史のある国に住んでいるのにぃ?と
要するに私の地雷を踏む傾向がある。

これ、群馬の高崎の味一味で
ハイボールを飲んでいたら論破したかもしれませんが
ここはオックスフォードですからね。
またわざわざ彼女を論破する必要もないので
「そうですか。」と、軽く流しておきました。

ちょこちょこと彼女に地雷を踏まれつつ
グッと爆発をこらえて
これも旅の醍醐味だわな…と
一人で苦笑。

歴史はちょっと苦手な彼女ですが
今回彼女をお願いしたのは
ガイドブックには載っていない
観光客の行かないお店でのランチやティータイムの
手配を頼んでおいたんですね。

ここは彼女の得意分野ですから
ドヤ顏の彼女の後ろについて行き
「こんな所に路地があるのか」という
わかりづらい道を通り抜けると

ありましたよ!歴史ある隠れ屋的パブが!

しかし観光客でごった返しており
ちっとも隠れていなかったのと

予約をした!という彼女と
予約をもらっていない!というお店側が
軽い口論になっておりました(笑。

そんなプチトラブルも含めて
彼女の事はとても好きになりましたね。

20年前、何も持たずに単身ロンドンへやってきてですよ、
生活を始めた彼女のスピリットには脱帽いたします。

とても楽しい1日でございました。

今日はロンドンから電車で2時間の
コッツウォルズへ行くので
そろそろ支度を致します。

楽しんできま〜す!

ロンドンへ③

ロンドン2日目。

今回はまずナショナルギャラリーへ行きました。

IMG_0084

学芸員の資格を持つ市川さんという男性に
ガイドをお願い致しました。

とても勉強になりましたですよ。

特にギリシャ神話にまつわる絵画の説明には
やれ、人間と神の子のハーフのヘラクレスだの
やれ、頭が牛で体が人間のミノタウロスだの
また、あれとこれが結婚してできた子供が何やらで…だの
メデューサ…「あ!それは知っています!
目を合わせると石になっっちゃう、って奴ですよね!」と、言って
「そうです!」と、褒められて
ちょっと嬉しがってみたり…と

とにかくメモを取るので必死でした。

ギリシャ神話というのはどーも苦手でしたから

「というかですねぇ…ギリシャ神話っていつ頃の話なんですか?」と
非常に初歩的な質問からですよ…やっぱり。

紀元前2600年前だそうで
市川さんの説明がとてもわかりやすくて、面白く
ギリシャ神話に興味を持ちました。

ギリシャ神話の入り口として
何を読めばいいですかねぇ…と、伺うと
彼が小学生の頃から読んでいるという
「星と伝説」という絵本を勧めて頂いたので
早速、Amazonで注文致しました。

市川さんとはとても気さくで
チャーミングな方で
とても意気投合致しましてですね、
連絡先を下さいました。

IMG_0069

また彼の本業は
演劇やミュージカル等の演出家なんですけれども
日本ではプロデューサーとのやり取りが
ロンドンに比べるととてもやりにくいから
もう日本での仕事は減らそうかと思って…とか

彼は新婚1年目なんですけれども
(イギリスでは同性婚が合法化されている)
「彼が寂しがりやで…」なんていう
要するにおのろけを聞かされたりして

ダヴィンチやルーベンス
ゴッホ、クリムト、ルノアールなどなど
名作の絵画に囲まれて

まぁ、どちらかというと
どっちゃでもええ!という話を
聞かされたりも致しましたが

というか、むしろそれがとても贅沢な感じが致しまた…けど
これこそが人との出会いの醍醐味ですね。

非常に楽しかったです。

ナショナルギャラリーの隣の教会では
地下をレストランとして開放しているそうで
そちらでランチ。

現地の方でとても混んでおりました。

IMG_0090

IMG_0093

その後、ビッグベンを通り過ぎ
テムズ河の約30分程のポートクルーズで
川面からのロンドン名所を堪能致しました。

IMG_0099

IMG_0105

IMG_0104

そしてロンドン塔へ。

IMG_0112

IMG_0114

ここも良かったなぁ…。

私はヘンリー8世以降は好きなんですけれども
やはり12〜3世紀から知っておかないとダメですね。

こちらでは別のガイドの方の説明を必死にメモ。

映画「ブーリン家の姉妹」でもございましたが
アン・ブーリンが処刑された場所もございました。

IMG_0123

結局、かなりの過密スケジュールにしてしまったので
もう一度、しっかりと歴史を勉強して
ゆっくりと来たいと思いました。

明日はオックスフォードへ行ってまいります。